Tブログ
Tブログです 2chまとめますよ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




魔王「世界征服したらやることなくなってヒマ」
1 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 15:57:57.40 ID:sU2Lc3ZK0

魔王「俺が支配する世界は平和過ぎるんだよな・・・・」




3 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:01:19.68 ID:Ga29+zu60


        魔王「虐殺しても税収減るしな・・・」

        魔王「税率上げたら地方で一揆起こるし俺涙目www」





5 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:02:55.04 ID:GEXcuYVh0
魔王「平和すぎて勇者とかもやってこないから体がなまるんだよな。」




6 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:04:42.25 ID:4pDu82OFO
魔王さんうちの畑できゅうり取れたから食ってくんせ




7 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:04:53.78 ID:RaWuZRbS0
魔王「行軍のために、道路整備したら、貿易がめっちゃ盛んになったな」




11 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:12:16.81 ID:QTR/sB0h0
魔王「征服したらしたで部下の不正が発覚しまくりだよ・・・」




12 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:12:42.83 ID:sU2Lc3ZK0
魔王「俺を神格化するために、巨大像を建てたのはいいが・・・
   街が観光地になって税収入増えた・・・・あまり神格化されてないよな」




13 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:14:05.48 ID:RaWuZRbS0
魔王「官僚制にしたら、民衆の憎悪がそっちに向けられるようになったな」




14 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:16:38.19 ID:GEXcuYVh0
魔王「今日…その辺の村に視察にいったら…その辺の子供に『わー魔王だ魔王!』って言われたんだけど…」

魔王「たまには魔王っぽい扱いもされるものだな。と思っていたら第二声が『一緒に野球やろーぜ』だぜ…?もう勘弁してくれよ。」




15 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:17:23.12 ID:QTR/sB0h0
魔王「争い起こさないと武具が売れないと苦情がきた・・・」




17 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:19:18.15 ID:Dt8OMD3eO
魔王「四天王?あぁ一人一人はそんな強くないんだけど、4人集まったらオレでも勝てないんだよね。」




19 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:24:55.43 ID:GEXcuYVh0
魔王「最近、旅人の数が激減して大赤字だって宿屋からクレームが来た。
こんな大都市のど真ん中にある宿に人なんてくるかよ。」




20 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:26:08.94 ID:sU2Lc3ZK0

魔王「人間共め・・・政治・経済を掌握しただけではまだ足りぬというのか・・・
 ・・・良いだろう!支配されるのはお前達人間だけではないことを思い知らせてやる・・・」


~数年後~

側近「魔王様、○○村から書状が届いています。」
魔王「読め。」
側近「かしこまりました。

 拝啓 魔王様
    ご存じの通り、我々○○村では数年前の大洪水以降土地が痩せ、
   農作物が育ちにくく、税金も滞納気味の状態となっておりました。
   しかしながら、魔王様のお力添えにより畜産の技術が普及し、
   痩せた土地でも気候さえ合えば、豊かに暮らしていけるようになりました。
      本当にありがとうございました。
   また、この手紙に添えた、マントは当村で生産された毛皮です。
   雨風をしっかりと防げる上、刃物も受け流し、魔法にも耐性があります。
   これからは寒い季節がやって参りますので、どうかお体にはお気をつけて・・・。
 草々
                            ○○村代表  ミルカ




28 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:45:27.64 ID:8LU49pWFO
>>20
こんな魔王なら喜んで支配されてぇwwwww




21 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:29:23.92 ID:GEXcuYVh0
モブ「ウッソーヤダー」

カランコロン

マスター「・・・ん?珍しいお客さんですね。」
魔王「マスター・・・一杯頼む。」
マスター「ええ・・・何にします?」

こうして夜は更けていく。




22 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:32:33.91 ID:RFu/zRyn0
新ジャンル風になってるな




23 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:34:40.87 ID:sU2Lc3ZK0
魔王「・・・やることなくてヒマだから武闘会でも開くか・・・・
   少しは骨のある奴が来るだろうしな・・・・
   それにしても最近は部下の時点で落ちていく『自称勇者様』が多すぎなんだよな・・・」




24 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:38:18.72 ID:GEXcuYVh0
魔王。この書類にサインを。あとコレはクレームです。隣の家の犬がうるさい。
アパートの上の階の魔物が夜中に暴れてギシギシと五月蝿い。これは近所の不良グループが迷惑。あと・・・

魔王「魔王をなんだと思ってるんだ…」




25 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:41:48.91 ID:lvPIxNSI0
魔王「雑魚の時点で勇者がやられすぎるせいで
    最近全然戦闘してない幹部と雑魚の戦力差が埋まってきたんだよなー」




26 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:42:32.13 ID:J+si2zGN0
魔王「・・なんで征服なんてしちゃったんだろう」

魔王は城の窓から見える夕日を眺めながら呟いた

魔王「ただ純粋に勇者と戦ってあの頃に戻りたい・・」

遠くを見るその眼には一粒の涙が滲み出ていた




30 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:46:23.46 ID:jjwCZV4h0
悪人の天国を作ろうとしたピッコロ大魔王は偉大




33 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:49:53.13 ID:RFu/zRyn0
ある所に王国がありました。
その国の王(幼女)は酷い王様で国民の不満は限界に来てました。

そんな所に異世界から魔王がきました。
目的は地上を地獄に変えるために(魔王主観)
そして、戦争の口火が斬って落とされようとしてました



王国の軍隊も王様に不満があり全員やる気がないまま戦争は終了
王様も囚われ身となってしまいました。


―――――ここに魔王が統率する恐怖(魔王主観)の帝国が創られた。

(魔王記序章『あれ?もう終わった?』から抜粋)




35 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:52:57.24 ID:lvPIxNSI0
魔王「ドラクエおもしれええwww」




36 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:54:57.59 ID:GEXcuYVh0
>>35
さすがにフイタwwwwww




37 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 16:57:12.41 ID:sU2Lc3ZK0
魔王「ひまなんだけどさー。なんかないの?
   各地で反乱とか、勇者と名乗る者が城に来たり、
   世界的に凶作になって、不満の矛先が俺に来るとかさぁ・・・」

側近「報告によりますと、世界各地平和に暮らしているようです。
   民衆の満足度が高いためか、犯罪率が減少傾向にあり、
   芸術・出版などの文化的な活動が活発化している模様です。」

魔王「・・・どっかの貴族の娘でもさらってくるかなぁ・・・」
側近「人間の娘をご所望でしたら、ご用意致しますが・・・」
魔王「わかってねーなぁ・・・お前。
   要人の娘をさらえば勇者様が来るかもしれないだろ?」




40 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:01:50.82 ID:7fV4ZSig0
魔王「体が鈍るといけないと思って、久しぶりに戦闘訓練してみたら、メラすら使えなくなっててふいたwwwww」

側近「魔王様wwwww 勇者ですぞwwww 待ちに待った勇者が来ましたぞwwww」




43 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:05:16.81 ID:RFu/zRyn0
幼女「わたし、ゆうしゃ。んーと・・・4しゃい」

魔王「どうしろと?」




44 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:07:25.78 ID:GEXcuYVh0
>>43
もちろんレイ…ゲフンゲフン!!もちろん、家に送り届けるべきだろ。




45 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:09:28.99 ID:7fV4ZSig0
魔王「やはり魔王は、皆が恐怖に慄き、崇めるような存在でなければならぬ」
側近「おっしゃるとおりです」

ゆうしゃ「まおー! ねぇ、まおーってば! またどらくえごっこしようよ!」
側近「……」
魔王「……」




46 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:09:38.72 ID:4pDu82OFO
少年「ぼくゆーしゃ。んーと、4しゃい」

魔王「どうしろと」




47 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:11:05.77 ID:GEXcuYVh0
>>46
もちろんレイ…ゲフンゲフン!!門の外まで送り届けるべきだろう。




48 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:11:14.67 ID:x1G17vG30
誰でもいいから世界の半分貰ってくれねぇかなあ




49 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:12:27.46 ID:7fV4ZSig0
側近「魔王様」
魔王「…何か用か」

側近「…安価で世界の半分を譲渡とは一体―」
魔王「げふんげふんげふん」




51 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:13:39.27 ID:zSUSTqxqO
幼女幼児「やー!!まおーたおすまでかーえーらーなーいー!!」
母「すみません。うちの子が大変ご迷惑をおかけして……」
魔王「いえいえ、当然のことをしたまでですので……」




52 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:16:46.00 ID:x1G17vG30
【悩める民】魔王が相談に乗るスレ【ちょっと来い】
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/03(土) 15:57:57.40 ID:???
 何でも解決してやる

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/11/03(土) 16:08:46.50 ID:???
 平和すぎ死ね

総レス数 2 ■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています


魔王「おい!!!!!!」




53 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:17:40.58 ID:lvPIxNSI0
魔王「俺の広報番組のタイトルなんだが『まっ昼魔王!!』ってのはどうだい」
側近「それは高視聴率まちがいなしですな」




54 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:18:46.98 ID:gKW+6P6I0
魔王「日清マ王まだー?」




55 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:19:29.47 ID:RFu/zRyn0
【勇者祭】(ゆうしゃ―さい)
魔王の為(暇つぶし)に国民が感謝の意味をこめてはじめたが慣わし。
やりかたは以下

国民から一人勇者(基本的に少年少女)をしたてあげて、魔王城に送り込む。
魔王の部下にあったら勇者は「勇者です」と自己紹介をする
部下は「や、やられたー(棒読み)」と道を譲る
魔王の所まできたら飴を貰って帰る。




57 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:22:33.84 ID:x1G17vG30
魔王「おい!前国王!お前世界征服企め!取り返す根性見せてみろ!」

前国王「そんな無茶苦茶な!」




58 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:22:34.38 ID:7fV4ZSig0
ゆうしゃ「まおー! かくごしろ!」
側近「また来たのかい…ほら、魔王様は急がしいんだ。さっさとおうちに―」
ゆうしゃ「うるさーい! えいっ!」
側近「そんなひのきの棒が――ぐぉっ!?」

魔王「ちょ、側近! HP赤いよ!? 何やってんの!!」




59 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:23:07.80 ID:sU2Lc3ZK0

魔王「だめだ!もう暇すぎるから、どっか村でも襲うか・・・
   じゃあ、まずは手始めに・・・ここの過疎の村だな。おい!準備を急げ!」

~翌日

襲撃された名もない村・・・
瓦礫の中で、女は目を覚ました。
女「うぅ・・・」
焦げたにおいと嗅いだこともない、されど生物的な匂いが充満している。
煙を多く吸い込んだのか、声が出せない。
女「(そうか・・・村が・・・襲われたんだよね・・・おばあちゃん・・・・)」
今でも瞼を閉じれば鮮明に思い出せる、祖母の最期。もうじき寿命だったため、感慨はない。
それよりも、幼い頃より共に育った牛たちの方が心配だった。
起きあがろうと手を地面につくも、ヌルリとした液体で滑り、べしゃりと音をたてて崩れ落ちた。
女「(なにこれ・・・)」
見たこともない色の液体が、自分の周りに広がっている。
女は改めて自分を見ると、下半身には何も纏っていなかった。
状況から自分が受けた辱めを理解したが、記憶はなかった。
周りを見渡すと我が子の様な牛たちはその肉を見るも無惨に引きちぎられ、ぐしゃぐしゃに踏み潰されていた。
女「(・・・こんな時でも、お腹空くのね人間って)」

~中略

魔王「この食い物はなんだ。うまいな。」
側近「近頃民衆の間で人気を博している、ハンバーグなる食べ物です。
   なんでも、これを考案した女の店は毎日行列が絶えず、街の門の外まで行列が繋がっているとか・・・」




61 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:28:08.78 ID:x1G17vG30
その頃地上に遣わされた天界の勇者は102歳の生涯を閉じた

魔王「大往生してんじゃねぇよ!!」




62 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:34:04.37 ID:x1G17vG30
魔王「魔王は判子を押す機械」




64 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:36:15.42 ID:RFu/zRyn0
幼女「いてつくはどーやって」

魔王「こうか?(ゴゴゴゴ)」

幼女「うわーん」

魔王「どうしろと・・・」




65 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:37:10.33 ID:b4TN5vQt0
側近「魔王様、人間世界の統治などそこそこでよいのでは・・・」
魔王「何ぃ、このわしの誇り高さを知っていてなお、わしに手を抜けと申すか!?」
側近「魔族だけが栄えればよいではありませんか、さあ軍議に」
魔王「待て待て、今日は政務が多い、軍議はまた明日じゃ」
側近(この魔王様、お力も強く頭脳も聡明であらせられるが、真面目すぎるのが玉に傷・・・)




66 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:37:10.69 ID:x1G17vG30
魔王「わははよく来たな勇者よ!」
魔王「くそ!魔王め世界を貴様の好きにしてたまるか!」
魔王「小癪なひねり潰してくれるわ!!」
魔王「うわああああああ」
魔王「見たかこれが魔王の本当の力だ!!…なに!!」


魔王「死にたい」




67 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:37:30.26 ID:7fV4ZSig0
幼女「あるてまやって」
魔王「それは作品が違うから無理かな…」
幼女「うわーん」
魔王「どうしようもないだろ…」




69 名前: 投稿日: 2007/11/03(土) 17:43:27.74 ID:x1G17vG30
急募 魔王を倒す勇者

誰にでもできる簡単なお仕事です
時給:1000円~ 頑張れば頑張るほど昇給のチャンスがあります
布の服、棒は支給いたします
お問い合わせは魔王城まで 平日9:00~19:00


魔王「時給安すぎたかな」




70 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:43:35.92 ID:sU2Lc3ZK0
魔王「最近の勇者は骨が無くてだめだな。ヒマ潰しにもならん。」
側近「近頃は平和になったおかげで剣や杖を振るよりも
    学校でペンを持ち経済や商業を学ぶ子供が増えた様です。」
魔王「人間ってのは教育しないとまともに使えないのが問題だな。
   よし、学校で剣と魔法を必須科目にしろ。それと剣・魔法それぞれに上級者向けの専門校も作れ。
   あーそれと、剣と魔法を組み合わせた技術の学校もな」
側近「かしこまりました。」

~数年後~
発達した剣術は強き肉体と不屈の精神を作り、
魔法は知恵と生活を豊かにし、人々は大いに栄えた。

そして今日、各地の剣豪があつまる世界剣技大会、
各地の頭脳が集まる世界魔術大会が同時に行われようとしていた。


魔王「待ちわびたぞ・・・。魅せて貰おうか骨のあるところを!」




71 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:44:48.73 ID:7fV4ZSig0
>>70
魔王、一回戦敗退




73 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:47:43.48 ID:RFu/zRyn0
>>71
魔王「幼女が竜召還した時はオレもダメだと思ったね」

側近「言い訳乙」




74 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:49:09.28 ID:x1G17vG30
「魔王様のおかげで持病の腰痛が治りました」
「魔族が征服してからというものお肌も滑滑です」
「魔王様のおかげでしつこい油汚れもこんなにすっきり」


魔王「いや、これは政府広報としてどうかなあ」




75 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:50:59.53 ID:x1G17vG30
魔王「ここ最近箸より重いもの持ってないなあ」




77 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:52:54.11 ID:sdDDCRhF0
魔王「おや、怪我してるみたいだな。仕方ない回復回復・・・」
魔王「集団事故発生だと!?・・・ち、範囲回復だ!」
魔王「死んだおじいちゃんに言えなかったお礼を言いたいだと!?ええい、メガザル!!」




80 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:54:58.46 ID:x1G17vG30
魔王「生まれ変わったら?」

魔王「…魔王以外」




81 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日: 2007/11/03(土) 17:57:12.61 ID:x1G17vG30
手に入れたもの
・世界

失ったもの
・自由な時間
・純粋な心
・向上心
・情熱




82 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:57:46.54 ID:+NOZTS/v0
勇者「俺が魔王を倒
村人「世界の平和を乱すものは許せん」ドカバキグシャ

魔王「今日も勇者は来なかった・・・暇だ・・・」




83 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:58:08.09 ID:rPNfuDyu0
魔王「たまには暴れたいな」
側近「では、あちらの村を破壊されては」
魔王「そうもいくまい。その辺の山でも潰してくる」

――夜
魔王「フハハハ、砕け散れ」
魔王「フハハハ…………はーあ」

村人1「わー、花火だ」
村人2「綺麗ねー」

――翌日
側近「貿易の邪魔になっていた山を取り除いてもらえた事への村人から感謝の……」
魔王「もうやだ、私は魔王だぞ」



ところでたまに魔王をロリっ娘に変換してる奴俺以外にいる?




85 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:59:18.19 ID:MMKk8y7q0
俺の中ではクロノトリガーの魔王なんだがどこか抜けてて憎めないキャラ




86 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 17:59:51.13 ID:dkXvTnlgO
魔王「この前人間たちに恐ろしい所を見せつけるために町で軍事パレードしたのよ、したら拍手喝さいのヒーロー扱いだぜ?」
側近「魔王様の軍団のおかげで賊や不良が減りましたからね。強力な軍隊はいい抑止力になりますよ」




88 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:02:26.01 ID:Aa2iSnL60
側近「魔王様、アンケートの結果ですが
人間じゃないから抵抗があまりない 60%
寿命による政権交代の心配がない 43%
暗殺の心配がない 12%
そのた 3%
ちなみに複数回答可で不支持は2%ほどで」
魔王「もうやだ」




89 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:03:46.78 ID:7fV4ZSig0
村人1「あ、魔王様だ!」
村人2「魔王様!」
魔王「ええい、寄るな愚民共!」

側近「…嬉しそうですね」




90 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:04:49.31 ID:sdDDCRhF0
魔王「ダーマ神殿の建造を命じる」
側近「ま、魔王様。あれはもはや今の時代には不要なものだとして先日取り壊されたばかりでは」
魔王「そんなことはどうでもいい。あと神官も忘れずに手配しておけ。腕のいいやつだ」
側近「はあ、魔王様がそこまでおっしゃられるのなら・・・」
魔王「・・・早急に頼む」

魔王(これで勇者が作れる・・・これで勇者が作れるぞ・・・!)




92 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:06:24.60 ID:46+hOj5W0
側近「故郷の母が病気で寝込んでしまいまして…」
魔王「うむ…しょうがないな、暇を与えよう」
 ~故郷にて~
側近母「ごめんね、わざわざ来てもらっちゃってごめんね…」
側近「気にしないで下さい母さん、たった一人の家族じゃないですか」

トントン

魔王「おーっす、側近ちゃん元気ー?暇だからきちゃった☆」




93 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:07:48.60 ID:vJCGFOa50
魔王「いたたたた」
側近「魔王様どうなされたんですか!?」
魔王「あまりに暇なんで勇者に扮して魔王退治の旅を始めたら、町人に囲まれてフルボッコ」
側近「流石支持率97%」




94 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:08:00.07 ID:7fV4ZSig0
側近「…魔王様。ダーマ神殿建造後、問題となっていたニート・フリーターの増加が差し止められた、とのことです」
魔王「…で、肝心の勇者は?」
側近「……」
魔王「ざっけんな!」




95 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:09:16.40 ID:sU2Lc3ZK0

大慰霊祭のお知らせ

   平和な世の折り、ご遺族の皆様方におかれましてはご健勝のことと思います。
   さて、月日の流れとは速いもので、世界が平和になってもはや十年となります。
  平和になるまえの許し難い行為の数々~略奪、破壊、強姦、殺戮、など~は
  目に見えて減少の一途をたどっており、も征服したかいがあったと嬉しさに身を躍らせる毎日であります。
   しかしながら、一方でその平和な世界を目指す段階で犠牲となった勇者様がいることも事実であります。
  我々の今の平和な暮らしは彼らが礎になっていることを忘れてはなりません。
   折しも、翌月、海の月12日は世界が平和になってからちょうど10年目の記念すべき日であります。
  そんな彼らに感謝と敬意を評し、また彼らに近しかった皆さんで熱く語らい、
  親睦を深めて頂きたいとの願いから、此度のご案内をさせて頂きました。
   みなさま振るってご参加頂けますよう、お願い申し上げます。

   なお、当日は勇者様方の遺品をお返ししたいと思いますのでぜひ参加ください。
   ささやかではございますが、心づくしのお料理や余興もご用意してお待ちしております。


                                           太陽の月・晴天吉日 魔王



魔王「こんだけやれば、人が沢山来て暇つぶしにはなるだろ・・・」
側近「魔王様、そのような面倒事をせずとも、『宴』の一声で我々魔族はみな集まりましょうに・・・」
魔王「寿命の短い人間共独特の故人を忍ぶ宴というものに参加してみたかたのだ」




98 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:10:26.78 ID:MYmbAtpz0
魔王「あのさ、俺が支配するようになって随分平和になっちゃったじゃん?それで思ってる事があんだよね」
側近「魔王様どうなされました?」
魔王「そろそろ騒ぎ起こそうかなって思うんだけどさ、思うたびに『でもあの子供たちの笑顔が見れなくなる』とか浮かんじゃうんだよね」
側近「(それは良心って奴では)」





99 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:11:05.24 ID:7fV4ZSig0
子供「ぼく、おとなになったら、まおうさまみたいなりっぱなひとになる!」

魔王「…クソッ、なんて時代だ…!」





100 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:11:46.05 ID:87A7eWNzO
王「魔王が征服してから税の徴収がやりにくい。勇者よ頼む。我々が笑って暮らせる世界をとりもどしてくれ」




102 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:12:06.44 ID:ho2fNP7G0
魔王「薬草をたくさん取り寄せたぞ・・・勇者が現れた時に死んじゃうと困るからな・・・」
側近「大変です、魔王様!西の村で地震が発生し、怪我人が多数出た模様です!!」
魔王「この薬草を持って行け!今すぐにだ!!」




105 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:13:43.52 ID:GEXcuYVh0
>>102
全魔王が泣いた。




106 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:14:30.01 ID:sdDDCRhF0
魔王「ふむ・・・これが人間どもの学校というものか」
生徒たち「ねえねえ・・・あそこの凄く綺麗な人・・・誰だろう?転校生かな」
魔王「ん?なにやら視線を感じるが、金髪ロングが珍しいのか?」
生徒たち「きっとお金持ちの令嬢さんかなにかよ。背も高くて、理想のお姉様だわ・・・」
魔王(む・・・?お姉様?誰のことをいっているのだ?)

魔王「私が・・・エルダー?」




107 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:15:28.26 ID:x1G17vG30
魔王「メテオとかメガンテをポンポン使うんじゃねぇよ!」

魔王「マジで人が死んだらどうする気だ!!」




108 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:17:59.57 ID:x1G17vG30
魔王「もう魔法の王様、略して魔王とでも名乗るか」

魔王「ははははは…はぁ」




118 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:28:46.81 ID:Y94YKui2O
王「おお、何という事か、姫が魔王にさらわれてしまった」
勇者「分りました。私が姫を救いに行きます」
王「いや、姫が魔王と結婚すればワシの地位も向上するから駄目じゃwwww。誰か、この勇者を牢獄に閉じ込めておけ」
勇者「ちょwwwww」

魔王「勇者まだかなー」
姫「暇ね~」




121 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:31:14.77 ID:x1G17vG30
>>118
こうして魔王と姫は末永く幸せに暮らしましたとさ

    お し ま い

魔王「絶対どこかで間違ったよなあ」




124 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:33:57.44 ID:9K3PdMRR0
魔王「俺がいなくなったら世の中どうなるの?」
側近「ととととんでもない!そんなことになったら世界の人が悲しみます!」
魔王「それはそれでどうよ・・・」




125 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/11/03(土) 18:34:36.24 ID:ho2fNP7G0
魔王「・・・・・・」
側近「どうかされましたか?魔王様」
魔王「あの頃は・・・この世界を自分のものにするのに一生懸命だったな」
側近「懐かしいですね」
魔王「結局世界は手に入らなかったなぁ」
側近「何を仰るのです、この世界はあなたのものですよ」
魔王「いや、それは違うぞ側近よ。世界は民のものだ。私が手に入れたのは民の心なのだよ」
側近「魔王様・・・」
魔王「まだ私はやるべきことがたくさんあるのだよ」
側近「どこまでもお供いたしますよ・・・魔王様」




スポンサーサイト

テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:お笑い


この記事に対するコメント

魔王かこよすぎワロタWWWW
【2007/11/03 19:33】 URL | nanashi #- [ 編集]


脳内変換はゾーマ様でも良しクロトリの魔王でも良し幼女魔王でも良し。
何と言う神スレ…いや、魔王スレ
【2007/11/03 21:25】 URL |   #sSHoJftA [ 編集]


長門と魔王は俺の嫁
【2007/11/03 22:17】 URL | nanashi #- [ 編集]


少なくとも福田よりはよっぽど優秀だな…魔王
【2007/11/04 12:25】 URL | nanashi #- [ 編集]


リアルにみてたスレが紹介されてるとうれしいもんだなぁw
魔王…なんという萌えキャラ…
【2007/11/04 17:21】 URL | nanashi #- [ 編集]


最後がいいねw
【2007/11/05 16:04】 URL | nanashi #- [ 編集]


種は違えども、王なのだよ
【2007/11/06 22:40】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


この魔王、個人名をラオウという
【2007/11/07 10:45】 URL | nanashi #- [ 編集]


VIPRPGの魔王様だな
【2007/11/10 07:55】 URL | nanashi #- [ 編集]


デスラー総統思い出す
【2007/11/12 09:53】 URL | nanashi #tHX44QXM [ 編集]


魔王のくせになまいきだな。
【2007/12/23 01:48】 URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kumaniki.blog76.fc2.com/tb.php/297-17d5b1e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ニコニコ動画】初音ミクでシューベルト「魔王」現代版歌詞

【ニコニコ動画】初音ミクでシューベルト「魔王」現代版歌詞【ニコニコ動画】初音ミクの歌う魔王の現代版ですがだじゃれつっこみ練習です最初はシリアスに作り始めたのですが,ついおちゃらけてしまいました。怖さ半減;;こんなネタとか出てきます。 楽器が大好き【2007/11/23 15:53】

プロフィール

Thetaθ

Author:Thetaθ
リンクフリーですが
教えてくれたらうれしいです
掲載している画像、記事に問題がある場合は
ご連絡ください、早急に削除いたします
メールフォームにお願いいたします

最近Enemy terrtoryにはまってます
Theta@vipを見たら俺だと思ってください

何回目の訪問?

最近の記事+総記事数

全タイトルを表示

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2ちゃんねる系リンク

その他のリンク

ブログ内検索




無料カウンター

RSSフィード



























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。